ふくらはぎ細くしたい

 

ふくらはぎ

お腹などと違って脂肪がつきやすい場所ではないのですが、ふくらはぎが太いだけで、全体が太く見えてしまいます。今回は、自宅でも簡単にできるふくらはぎダイエットについてまとめました。

 

あなたのふくらはぎに適した方法が見つかればお腹よりもやせやすい部位だといえます。

 

やり方次第ですぐ細くなるなら、なんとかしたい!と思いますよね。 ふくらはぎが太いと脚全体が太く見えてしまう人と会った時、最初に見られるのは顔ですが次に見られるのはふくらはぎと言われていることをご存知ですか?

 

また、ふくらはぎは“第二の心臓”と言われています。健康面でもふくらはぎはとても大事なところです。

 

すらりとした、きれいなふくらはぎになるためのマッサージや簡単な運動方法をお教えします。ふくらはぎは心臓からいちばん遠く離れているため、むくみやすいところです。

 

ふくらはぎが太い原因のほとんどがむくみです。長時間立ちっぱなしでいたり、冷房のきいた部屋で冷えてしまったことによる血流の悪さなどが原因になります。

 

このむくみをとってあげることで、脂肪などがとれやすくなります。また、冷え性の改善などにもつながっていきます。

 

では、マッサージの方法ですが血行とリンパのながれを良くすることを意識しながら、両手でふくらはぎを包みこむように下から上に押しながしてください。これを5〜6回くりかえします。

 

そして、タオルをしぼる時のように足首からふくらはぎのつけ根まで両手でかるくねじりあげていって下さい。これも5〜6回くりかえします。

 

次に、げんこつのグーの形で下から上のほうに毒素を押し上げるイメージでふくらはぎをしごきあげていきます。これも5〜6回くりかえします。

 

最後に、押しながしてきた毒素を膝の後ろのリンパに押し込むようにプッシュして、マッサージは終了です。

 

膝の後ろは大事なリンパ節が集まっているところですので、ここのながれが毒素などでつまってしまうと老廃物がたまりやすくなってしまいます。膝の裏をこまめにもみほぐす習慣をつけると、毒素がたまりにくくなり、リンパのながれもスムーズになりますよ。

 

マッサージは以上になります。

 

ライザップゴルフ天神店

次にふくらはぎを細くする運動ですがとても簡単です。まず、手を椅子などの背もたれにかけて支えとします。それからつま先立ちになり、かかとのあげおろしをします。

 

このかかとのあげおろしを100回行ってください。

 

最初は50回くらいから始めて,慣れてきたら100回行ってみてください。時間は5分ほどで済んでしまいます。

 

この運動だけで、ほっそりとしたきれいなふくらはぎになります。

 

もし、運動するのが苦手という方には、加圧式のストッキングや靴下をはく方法もあります。履いているだけでむくみを予防できますので、ご自分にあう圧の靴下を探して着用されると効果がでてくると思います。

 

ただし、1日中身につけていると負担になってしまいますので、日着用したら夜は履かないなど、体を解放する時間も作ってあげてください。

 

ふくらはぎは、他の部位にくらべて脂肪を非常におとしやすいところです。ほとんどが、むくみが原因ですのでマッサージと、かかとのあげおろし運動ですぐに効果はででくると思います。

 

ぜひ、きれいなふくらはぎを手にいれてくださいね!