へそ周りの脂肪落とし方について

おへそ・お腹周り

女性がぜい肉を落としたい部位でいちばん悩むのは、お腹周りのお肉ではないでしょうか。その中でも、へそ、お腹周りの脂肪って落ちにくいですよね。特に女性は子宮や卵巣があるため、へそ周りの脂肪が簡単には落ちません。

 

ジムトレーナーをしている友達に、おへそ周りの脂肪をどうやって落とすのか聞いてみました。この方法はとても効果がありますよ!まず下腹がでている方は腸に毒素がたまっている可能性があります。

 

下腹部全体のエネルギ―代謝が低くなっているので腸にたまっている老廃物を押し流すマッサージをして、エネルギー代謝を上げていきましょう。そうすることによって、下腹部まわりに余分な脂肪がつきにくくなります。

 

まずマッサージの仕方ですが、両手の平を腹部にあておへそのななめ上からはじめて下腹部を時計まわりになでるようにマッサージしてください。これを10回ほど繰り返します。次にひとさし指から小指までの4本の指でおへそから下方向にえぐるようにマッサージしてください。

 

これによって凝り固まった腸の老廃物が排出されやすくなります。同じように、ひとさし指から小指までの4本の指を、腰骨に逆ハの字の形に置き、下方にむかってしごくようになでおろしていきます。これも10回ほど行ってください最後に、下腹部全体をなでるようにマッサージして終了です。

 

また、最近私やジムの通っている友人が着ている「加圧タンクトップ」を紹介します!この加圧タンクトップですが、体にフィットしてかなりオススメですよ!また、各メディアなどでも紹介されているため、売れ切れになることが多々あります。購入する際は1枚ではなく、セットで買った方がお得です!

 

 

 

 

お腹周りに良い筋トレ

筋トレ

下腹部、またはおへそ周りの筋肉というのは足の筋肉につながっています。子供の頃は体育の授業で走ったり、かけ回ったりしますよね。

 

ですが、大人になると足を高くあげる動作も走ることも少なくなるのでこの足の筋肉を使うこともなくなります。その結果下腹部にぜい肉がつきやすくなります。

 

よく、腹筋をすると下腹部に効果が表れると思われているようですが、腹筋はみぞおちの周辺の筋肉なので残念ながら下腹部のぜい肉には腹筋をしても効果はないそうです。

 

下腹部に効く筋トレは、この走る時などに行われる、足を上げる動作によって効果がでてきます。行進をする時のように左右の足を交互におへその高さまで上げます。

 

その時、上げた足の膝が直角になるようにしてください。これもゆっくり左右交互に両足で100回行います。この時、下腹部に手を置きながら足を上げていただくとわかると思いますが、下腹部の筋肉が足をあげるたびに連動して動きます。

 

最初100回はきついと思いますので、途中休んでいただいても大丈夫なのですが、1分30秒以上は休まないようにしてください。同じ動きの筋トレの場合、分30秒以上休むと効果が出なくなってしまうそうです。休む場合は時間をはかりながら、休んでくださいね。

 

そしてこういった筋トレなどに共通していることですが、継続して行うことがとても大切です。ご自分のペースで構わないので、毎日続けて行うようにして下さい。お腹周りがすっきりした体になると、自信もつきますし、なにより気持ち良く過ごせるようになります。「美は一日にしてならず」。理想のボデイを目指して毎日続けていきましょう!